「NHKガッテン」健康プレミアム6月号「主婦と生活者」に

日本健康マスター検定が紹介されています。

 日本健康マスター検定は「健康リテラシー」を身につけることができます。

 今後の健康寿命を延ばすキーワードではないでしょうか。

どのような問題が出題されるの? 

              参考に過去問も少し掲載されています。 

 

 

今後ますます進む超高齢社会, 若々しく、いきいきと暮らすために必要な知識とスキル= 健康リテラシーが重要です。

 

「日本健康マスター検定」とは

健康知識だけの習得ではなく「気づき」から「行動変容」にもつなげることで健康寿命を延ばし、私たちの地域や職場をより健康的で豊かなものにするための検定です。(日本健康マスター検定より)

健康マスターに合格するとどうなる?

健康生活に必要な一定レベルの健康リテラシーが習得できます。

健康知識、健康増進ノウハウや、多くの健康情報の正否をみきわめ、正確な健康関連情報にアクセスできるスキルが身につきます。

「健康マスター」として認証され、活躍の場が拡がります。

合格者は「健康マスター(ベーシック/エキスパート)」として協会から認められ、名刺や履歴書等に記載できます(4 年間有効)。職場や地域のニーズにあった、幅広い活躍が期待できます。

健康関連ビジネスの強力なコミュニケーション・ツールとして活かせます。

健康リテラシーの向上により、サービスのレベル向上につながります。また、食や美容などのウェルネス周辺業種でも、顧客に対し、最新の正しい健康知識で対応できるようになります。

その他さまざまな企業、自治体、教育機関との連携で、合格者の活躍機会をさらに拡げていきます。

 

食生活

適切な量と質の食事は、生活習慣病の予防や生活の質(QOL)の向上に大きな役割を果たすだけでなく、心身の健康を保ち、社会生活を営むためにも必要なものです。まずは食生活を見直して改善しましょう。

運動と身体活動

運動を行わないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、使われなかったエネルギーは脂肪としてからだに蓄えていきます。この状態が幾度となく繰り返されると、脂肪が必要以上に蓄積し、肥満となります。

社会とのつながり

人の健康は「社会とのつながりや笑顔の多い人」ほど健康である。

今までは会社が居場所や仲間と社会とのつながりを作ってくれていました。

第2の人生は、あなたが居場所をつくることになります。